立春大吉という言葉の意味は、

「暦の上での春であり、古来は新年の始まりであった立春に、人々や社会の幸せを祈る」言葉とされます。

元旦によく見る「謹賀新年」という言葉に似たような意味をもちます。

立春とは二十四節気の第一にあたる時期を指し、具体的なカレンダーでは2月4日ごろが立春大吉の日です。

「暦の上での春であり、古来は新年の始まりであった立春に、人々や社会の幸せを祈る」言葉とされます。

◎ 立春大吉縁起とは

「立春大吉」とは、春先に蕾がしぜんと花開くように、天地自然の正しい神気をいただき、万民に福をもたらす縁起物です。

私たちの命は、正しい生命秩序を維持する事により、終わりのない連続的な生成発展を遂げていきます。
「年」の生命は四季毎によみがえり、草花や樹木は後の世にいのちを残します。人もまた、親から子に継ぐことにより、いのちは子孫に受け継がれていきます。

新春の光に新たな力を授かり、草花の息吹と共に力強く歩みを進めましょう。